つわりを軽減させる「ビタミンB6」

つわりは妊婦にとって避けて通れないことです。
しかし少しでも楽に通り過ぎたいと思うのも当然です。赤ちゃんのためにもママのためにも、つわりを軽減させることを考えていきましょう。

つわり対策には

悪阻中の女性

つわり対策はまずできるだけ横になること。そして食べられるもの、食べたいものだけを食べる。そしてひどいときには病院で点滴をしてもらうという方法もあります。しかし他にビタミンB6や葉酸を摂取するといいと言われているのです。

つわりとビタミンB

つわりはどうして起こるのか、はっきりした原因はまだ分かっていません。そしてビタミンB6や葉酸がどうしてつわりに良いのかも、実ははっきり解明されていないとのこと。
しかしビタミンB6、葉酸が不足すると高血圧症候群になりやすかったり、つわりを悪化させるということは確認されています。
ちなみに高血圧症候群とはいわゆる妊娠中毒のことです。

そのため病院でのつわり治療は、ビタミンB6や葉酸を含んだ点滴を行う事がほとんどとなります。妊娠には葉酸がとても重要だということもはっきり確認され、今では厚生労働省が妊婦には推奨するようにまでなっていますが、葉酸もビタミンB群の一つです。妊娠にはビタミンB群はとても重要だとも言えるのです。

ビタミンB6を取るなら玄米で

ビタミンB6の上手な摂取法としてサプリを飲むという方法がありますが、自然ものからの摂取法を幾つかあげてみましょう。まず主食を白米から玄米にしてみましょう。
玄米には白米にはなくなってしまっているビタミンB6や他にも妊婦によいビタミン類がたくさん入っています。
つわりで栄養不足のときこそおすすめです。

バナナを食べよう

バナナはビタミンB6がたっぷり含まれています。腹保ちも良くつわりでご飯があまり食べられないときのエネルギー補給にもおすすめです。調理をせずにサッと食べられるのもうれしいところです。

栄養のバランスの摂れた食事を


引用元:ビタミンB6の多い食品

食事は栄養のバランスを取れたものを考えて作るのが理想です。しかし、つわりがあるときには自分で食事を作るのもしんどいときもあります。
それに栄養のバランスが摂れていても、食べられるものは決まっていて、後は吐き気がしてしまうことも十分考えられます。

もししっかり食べられるようなら、栄養のバランスを考えて、特にビタミンB群の多いものを意識的に摂りましょう。

葉酸サプリメントなどで摂る

以上、ビタミンB6の摂り方をご紹介しましたが、これはあくまでも理想であり、つわりのときには良いものだから食べるというわけにはいきません。無理に食べたくないものを食べたら、ひどいつわりになってしまいます。そこでサプリという方法がありますが、一般のビタミンB6のサプリは避けましょう。

ビタミン剤でも人工的なものもあり、妊娠中には向かないものもあります。そこで、妊婦用の葉酸サプリなどでビタミンB6や必要なビタミンが含まれているものがあるので、それらを選ぶようにしましょう。
選び方の参考サイト→葉酸サプリマガジン|管理栄養士が選ぶおすすめランキング

妊婦用なら安全に注意したものがほとんどなので安心して飲めます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする